>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

面接で他社の選考状況を聞かれた時の答え方【回答例付き】

選考の終盤になってくると、面接で他社の選考状況を聞かれるようになってくるのは知っていますか?

就活生
就活生

どう答えたらいいの?

答えた内容によって、採用・不採用が決まることはあるの?

そんな不安も生まれてくるのではないでしょうか。

この記事では、他社の選考状況を聞かれた場合の答え方を、例文や体験談とともに紹介していきます。

記事の終盤では、選考状況のみならず、それに関連した質問への対策も紹介しています。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

面接で他社の選考状況が聞かれる理由

面接官は何を意図して、学生に他社の選考状況を聞くのでしょうか。

まずはそれを知って、対策を練りましょう。

就職活動に一貫性があるか知るため

第一に、あなたの就職活動に一貫性があるか知るためです。

就活生の間ではよく「就活の軸」という言葉が使われますが、企業側もそれを知りたがっているのです。

その軸に基づき、自社に合う人物なのか、採用した場合に確実に入社してくれる人物なのか、などを判断します。

つまり、他社の選考状況に関するあなたの回答が、選考の判断材料になるのです。

就活において、複数の企業を受けるのは当然のこと。しかし、志望業界や企業があまりにもバラバラな学生は、企業にどのような印象を与えるでしょうか。

ミーハーな就活をしている、もしくは行き当たりばったりな人物だと思われかねません。そのため、就職活動において一貫性を持つことは非常に重要です。

他社によるあなたの評価を知るため

第二に、他社によるあなたの評価を知るためです。

どのような企業から高評価を受けているのか知り、優秀な人材を見極めます。

ここには、企業が採用活動において、他社から遅れを取りたくないという意図も込められています。

裏を返すと、就活生にとっては「こんなに他社でも良い評価を受けているのだから、早く採用しないと他社に取られてしまいますよ」と、自分をアピールするチャンスにもなり得ます。

自社の志望順位を確認するため

第三に、自社の志望順位を確認するためです。

企業としても、滑り止めとして面接を受けているような学生よりも、入社を心から志望する学生を採用したいはずです。

他社の選考状況の質問を通して、あなたが前者なのか後者なのか判断するのです。

あなたの入社意思を確認するため

最後に、あなたの入社意思を確認するためです。

これは、「あなたに内定を出すか、出さないかの最終判断をするため」とも言い換えられます。

企業は、毎年採用予定人数を設定し、それに基づいて採用活動を行っています。

内定を出した学生には、全員確実に入社してもらうのが理想です。

すなわち、どれだけ優秀な人材であっても、内定辞退をすると分かっている就活生に、企業側も内定を出そうとはしません。

採用活動を計画的に行うためにも、他社の選考状況を質問するのです。

他社の選考状況を答える際のポイント

ここからは企業の意図を踏まえながら、回答のポイントを紹介していきます。

一貫した企業選びの軸を示す

企業側が他社の選考状況を聞くのは、就職活動に一貫性があるかを知るためだと先ほど説明しました。

この時、就活に一本通った軸があり、さらにその軸が企業の理念や事業内容と合致している学生が最も良い印象を持たれます。

そんな好印象な就活生になるために、まずは自分の就活の軸を、しっかりと固めておくことが必要不可欠です。

軸が固まったら、それに基づいて、自分が受けた中から一貫性のある企業をピックアップしておきましょう。

さきち
さきち

受けている企業の名前をすべて言う必要はないのです!

落ちている企業にはわざわざ言及しない

面接官
面接官

他社の選考状況を教えてください。

就活生
就活生

御社と同業界のA社には1次選考、B社には2次選考で落ちてしまいました。

選考状況に関してマイナスな情報を伝えてしまうと、自分で自分の評価を下げてしまうことになります。

「うちの面接では見抜けなかった欠点がこの学生にはあるのかも」「実はこの業界に対する志望動機が弱いのでは?」など、あなたを採用することに対して企業は不安を覚えてしまうでしょう。

残念ながら選考に落ちてしまった企業に関しては触れない、もしくは「面接の結果待ちです」などの表現を使い、はっきりとした言及を避けた方が良いでしょう。

嘘はつかない

自分を良く見せるために「多くの企業で面接を通過しています」と嘘をつくのは、避けたほうがよいでしょう。

のちのち辻褄があってこなくなったり、自信を持った受け答えができなくなったりすることが考えられるからです。

入社前から企業からの信頼を損ねるようなことはしたくないですよね。

とはいえ、面接がなかなかうまくいかず、「嘘をつきたくもなってしまう…」という就活生もいるのではないでしょうか。

そんな場合でも、嘘をつかずに上手に回答する方法はあります。

次の項目でしっかり紹介するので、安心してくださいね!

御社が第一志望というアピールを忘れない

「御社が第一志望です」というアピールは面接においては一貫して重要ですが、他社の選考状況の質問の際には特に重要になってきます。

選考状況を質問されると、面接の話題が “他社” のことになりがちです。

でも、目の前にいるのは “御社” の面接官。

その “御社” の面接官に対して、「このような選考状況ですが、やはり〇〇という点から御社が第一志望です」と、忘れずアピールしましょう。

他社の選考状況を聞かれた場合の回答例

就活生
就活生

回答のポイントは分かったけれど、どんな風に回答すればいいか分からない…

ここからは、回答例を紹介していきます。

選考状況別に例文を用意したので、あなたに合ったものを選んで、面接に取り入れてみてくださいね。

回答例1(比較的選考が順調な就活生の場合)

私は、「食」を通じて人々の暮らしに貢献したいという思いから、食品メーカーを中心に面接を受けています。御社の他にB社、C社、D社の選考に進んでいます。

自分の就職活動の軸を述べた上で、選考状況を簡潔に答える例です。

一貫した思いを持って就活をしていることと、同業他社からも良い評価を受けていることを一度にアピールできます。

この時、受けている企業をすべて言う必要はありません。

競合他社に絞って答えるのがポイントです。

さきち
さきち

「何次選考まで進んでいるか」という点については、質問されない限り、こちらからは明言しなくても大丈夫でしょう。

回答例2(不採用が続いてしまっている就活生の場合)

まちづくりに携わりたいという思いから、建設業界を中心として就職活動を進めています。B社、C社の面接をつい先日終え、結果を待っています。また、D社、E社の書類選考を通過したところです。

「他社の選考状況を答える際のポイント」で紹介した、以下の二点を思い出してみましょう。

  • 落ちている企業にはわざわざ言及しない
  • 嘘はつかない

選考が思うように進んでいない場合、この二点はとても重要です。

回答例におけるB・C社は “合否は分からないけれどとりあえず面接を受けた企業” 、D・E社は “ESが通過した企業” を想定しています。

選考状況を聞かれると、できるだけ多くの選考ステップを踏んだ企業の名前を出したくなってしまいがちです。

しかし、「最終選考まで進みました、でも落ちました」のような回答をするよりも、ESだけでもいいので選考通過中の企業の名を出す方が絶対にいいです。

回答例3(すでに他社から内定をもらっている就活生の場合)

(同業他社の)B社さんから先日、内々定をいただきました。ですが私にとっての第一志望は御社ですので、入社承諾はまだしていません。B社さんにもその旨はお話ししていて、現在待っていただいている状況です。

「他社から内定をもらっていることは、黙っておいたほうがいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、あえて正直に話すことで自分の本気度を面接官に伝えることも可能です。

ただ、この回答をするのは、本命企業の面接の時だけに留めておくのがベターでしょう。

他社の選考状況に関連する質問と回答のポイント

面接では、「他社の選考状況を教えてください」というストレートな質問以外をされる場合もあります。

ここからは、その例と回答のポイントを紹介していきます。

選考を受けている中で第一志望の企業はどこですか?

この質問に対しては、「御社です」と答えるのが一番良い回答でしょう。

しかし、企業側も「本気でそう思っているのか?」と見抜こうとしてきます。

口先だけの人物だと思われないように、明確な志望動機も合わせて用意しておくことが重要です

同業他社さんに対する志望動機を教えてください

さきち
さきち

これは私が実際に面接で聞かれて、一番苦労した質問です…!

同業他社への志望動機は、なぜ質問されるのでしょうか。

  • 業界そのものへの志望度を知るため
  • 業界への理解度を確認するため
  • 同業他社と自社の志望順位を図るため

このような意図が考えられます。

私の体験談

ここでひとつ、私の失敗談を紹介します。インフラ系企業A社での面接で、「同業他社であるB社さんに対する志望動機を教えてください」という質問をされた時のことです。

質問の表面的な意味だけを捉えてしまった私は、B社を褒めちぎり、いかに魅力的かを熱く語ってしまったのです…。

A社の面接であるにも関わらず、B社に対する強い志望度をアピールするような面接となり、選考には落ちてしまいました。

この時、「B社さんに対する志望動機は××です。しかし、〇〇という点で、やはり私の第一志望は御社(A社)です。」と最後に一言添えておけば、少しは違う印象を与えられただろうと思っています。

この記事を読んでくださったあなたは、面接で同業他社の志望動機に関する話題が出ても、「やはり御社が第一志望です」と忘れずに伝えてくださいね…!

弊社が内定を出したらどうしますか?

入社の意思確認をする質問です。

ここでの回答が、採用・不採用を決定づけると言っても過言ではありません。

回答の仕方は主に二つあります。

  • 御社から内定をいただければ、そこで全ての就職活動を終了します。
  • 自分の力を試すためにも、既に日程が決まっている面接までは受けさせていただきたく思います。

企業に対するあなたの本気度に応じて、どちらの回答にするか選んでみてください。

確実に内定が欲しい、もしくは「この企業ならば入社したい」と思える企業であれば、前者の回答をしておくのが安心です。

まとめ

「他社の選考状況を教えてください」という、一見事務的な質問。

しかし、その答え方が面接の合否を左右するかもしれないことをお伝えしました。

そんな重要な質問も、この記事で紹介したポイントを思い出しながら回答すれば、きっとアピールのチャンスに変えられるはず。

大事な面接の前には、ぜひまた読み返してくださいね。

あなたの就活がうまくいくよう、応援しています。

タイトルとURLをコピーしました