>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

【就活】「友達の内定に嫉妬してしまう……」気持ちを切り替えるための3つの方法

「友達の内定に嫉妬してしまう……」
「友達の内定を心から祝福してあげられない」

そんな悩みを持っている人は、多いのではないでしょうか。

自分の就活が上手くいっていないと、どうしても人を羨ましく感じてしまいますよね。

私も、就活は順調に進まなかったので、同じように悩んでいました。

しかし、その気持ちは上手く切り替えることで、自分を成長させるための力にできます。

なぜなら、私も気持ちを切り替えて努力したことで、内定を獲得できたからです。

この記事では、「友達の内定を喜べない気持ち」を切り替える方法をご紹介します。

記事を読み終えると、もう友達の内定報告に心をざわつかせることがなくなり、自分の就活に集中できるようになりますよ。

「友達の内定を喜べない気持ち」を受け入れる

気持ちを切り替えようとする前に、まずは今ある「友達の内定を喜べない気持ち」を受け入れてみましょう。

その気持ちは、決して悪いものではありません。

なぜなら、人を羨む感情は、自分を成長させるための原動力になるからです。

よく「人と比べるのは良くない」、「人を羨んでいても意味がない」と言われますが、それは違います。

人を羨むという出発点があるからこそ、努力を始められるのです。

実際に私も、人を羨むことで努力を始めて、成功した経験があります。

就活時代、私は大学4年生の夏休み直前まで、内定が1社も出ていませんでした。

しかし、ほとんどの友達は内定を1社以上貰っており、就活を終えている子もいました。

友達と比較しては自己嫌悪し、毎日がつらかったです。

「あの人は内定を貰っているのに、どうして私は貰えないの?」と、良くない感情まで抱いていました。

そこで、気付いたのです。

「あの人にはない、私だけの良さがある」。

人を羨んで、自分と比較し続けていたからこそ、見つけられたことでした。

それから私は、自分と人とを比べても、落ち込まずに糧にしました。

結果、面接で人とは違うアピールをして、内定を獲得できたのです。

 

友人への嫉妬心は、自分を成長させるための糧にすることができます。

ぜひ、このことを忘れず、行動を始めてみてください。

気持ちを切り替えるための3つの方法

マイナスな気持ちを切り替え、心に余裕を持つことは、就活においてとても大事です。

しかし、そう上手くはいきませんよね。

そこで、以下の3つの方法を実践することがおすすめします。

  1. 「できないこと」をできるようにするため行動する
  2. つらい経験を学びだと考える
  3. お祈りをされたら振り返らない

「できないこと」をできるようにするため行動する

人と比べていると、自分には無いもの、自分にはできないことばかりに気が付きます。

そして、自分を責め、どんどん自信がなくなっていってしまいます。

なので、「できないこと」に気付いたときは、自分を責めることに頭を使うのを止めましょう。

できないことをできるようにするためには、「どうすればいいのか?」を考え、行動を始めてみることが大切です。

すると、だんだん嫉妬していた相手のことを忘れていきます。

さらに、実際に行動をすることで、「自分はこれだけやってきたんだ」と、自信も取り戻していけます。

行動には、必ず結果がついてくるもの。

もし、望んだ結果が得られなかったとしても、「ここまでやったんだから、もう悔いはない」と思えるでしょう。

 

また、「悩んでしまって、すぐには行動できない」という人は、まずは小さな目標を立ててみるのがおすすめです。

たとえば、「朝8時までに起きる」と決めてみましょう。

すると、それを達成するには何時に寝ればいいのか、その時間に寝るためには何をすべきなのか、ということまで考えなければいけなくなります。

そのため、自分を責める方向に思考が働かず、行動を始められます。

目標を達成できて自信にも繋がり、一石二鳥ですよ!

 

つらい経験を学びだと考える

友達と比べて納得のいく就活ができておらず、つらく悔しい思いを経験できていることも、「良い学びができているのだ」と考えてみましょう。

その経験は、絶対に将来役立ちます。

なぜなら、社会人になってからも、このようなつらい経験は必ずあるからです。

就活でつらい経験をしてきた私も、社会人になってからはもっとつらい経験をしました。

何度もくじけそうになりましたが、「就活のつらい時期を乗り越えられた」という自信が支えとなり、頑張ってこれたのです。

なので、今つらい思いをしているあなたも、その経験に感謝する時がきっと来ます。

「なんで、自分は就活が上手くいかないんだろう」

そう思ってしまった時は、「将来のために勉強をしているんだ」と考え、気持ちを切り替えてみましょう。

 

お祈りをされたら振り返らない

思い入れのある会社は特に、お祈りをされた後も未練が残ってしまうと思います。

そういった会社に友達が内定を貰っていた時は、より強く友達へ嫉妬してしまうこともあるでしょう。

しかし、その会社のことをずっと考えたり、強く友達を嫉妬したりしていても、内定は貰えません。

次へ向けて、振り返らずに進むことも大切です。

お祈りをされた時は、「この会社は今の自分には合わなかったんだ」と思いましょう。

「内定が欲しいから」と無理をして取り繕い、合わない会社に入ってしまった方が、後悔をする可能性が高くなります。

なので、大手企業でも人気の企業でも、あなたに合わない会社であれば、入社しない方がいいのです。

友達が内定を貰っていても、焦る必要はありません。

「自分は自分のペースで、合う会社を見つけていく」という心構えで、ゆっくり進めて大丈夫ですよ。

また、どうしても入りたい会社であれば、「他の会社でスキルを身に着けてから転職をする」という方法もあります。

望む会社に内定を貰えなかったとしても、そこで終わりではありません。

お祈りされたのは、あくまで「今の状態では、この会社が求める人材として不十分だった」というだけです。

その会社が求める人材になるために、今のあなたにできることがあります。

しっかりと、自分の進むべき道を見極めてみてくださいね。

 

まとめ

就活は、自分の気持ちをコントロールすることも重要になってきます。

とはいえ、なかなか難しいですよね。

ぜひご紹介した3つの方法を使って、ゆっくりと心を落ち着けるだけでも、実践してみてください。

「どうしても、自分だけで回復するのは難しい……」という場合は、就活エージェントに頼ってみるのもおすすめです。

就活に関する悩みをなんでも話すことができるので、気持ちが軽くなりますよ。

つらい時期も、必ず終わる時が来るもの。

無理をしすぎない範囲で、上手く乗り越えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました