>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

【就活】職種の決め方と職種一覧|後悔しない選び方3選

就活生
就活生

どんな職種があるのかいまいち分からない・・・

就活生
就活生

自分に合った職種の決め方が分からない・・・

いきなり就活を始めても、どんな職種があるのかピンときませんよね。

そんな就活生の皆さんのために、「就活生に知っておいて欲しい職種一覧」や「後悔しない職種の決め方」をまとめました。

職種選びは軽視されがちですが、適当に選ぶと入社後に苦労してしまいます。

まずはこの記事で職種への理解を深め、後悔のない就活をしていきましょう。

就活における職種とは何か

職種とは、ずばり個人レベルでの仕事内容の分類を示す言葉です。

つまり職種は「その会社の中でどんな仕事をするのか」を決める重要な選択になります。

職種選択の前に、「そもそもどんな職種があるのか」ということを理解しておくことが重要です。

ここの作業を怠ると、もともと知っている職種だけで就活を進めることになってしまいます。

沢山の選択肢がある中で、自らの可能性を狭めてしまうのはもったいない・・・

きちんと各職種の理解を深めておきましょう。

業種と職種の違い

業種は業界と表現されることもあります。

職種と業種の違いは、表すのが個人の仕事か会社の仕事かということです。

職種:個人の仕事内容の分類
業界:会社の事業内容の分類

例えば、「メーカー業の営業職」といった場合、メーカー業が業種で営業職が職種ということになります。

就活では「志望する職種は」「この業種を志望した理由は」などといった質問が多くされます。

間違えた回答をしないように違いを押さえておきましょう。

どんな職種があるのか

とはいえ、世の中にどんな職種があって、それぞれどんな仕事内容なのか、いまいちイメージがつきませんよね。

私も就活を始めたころは、職種といっても「営業職」「事務職」「研究職」くらいしか知りませんでした。

どんな職種があるのか、就活生が最低限知っておくべき職種の一覧を用意しました。

営業職

会社の売り上げのために、サービスや商品を売る仕事です。

会社によって売る商品は異なりますが、実際に会社の最前線に立って提案から契約、アフターフォローまで幅広い仕事をこなします。

会社の売り上げに直接貢献することが出来、やりがいや成長を感じやすい職種です。

マーケティング職

会社の売り上げを上げることを目的に、サービスを広め、売れるための仕組みを作る仕事です。

市場調査から分析、企画、製造、販売、宣伝までを担います。

幅広い仕事を行うので、様々な部署の人とコミュニケーションをとることの多い職種です。

事務職

会社の社員が円滑に仕事を進めることが出来るように電話やメールの対応、来客の対応、備品管理、書類作成などを行います。

主に一般事務、総務、経理といった部署に細かく分かれています。

多くの仕事をスピーディーに正確に行う力が求められる職種です。

エンジニア職

コンピューターシステムの企画、立案、設計を行う仕事です。

専門知識が求められる職種ですが、近年ではエンジニア職の需要が高まっているために文系の学生も採用している会社が多いです。

今後も活躍の場が期待される職種です。

研究・開発職

新しい商品やサービスなどを作るために研究・開発を行う仕事です。

研究職では商品の実用化や製品化のための研究を行い、開発職ではその研究をもとに商品の実用化、製品化を行います。

一つのことを忍耐強く突き詰める力が必要ですが、好きなことを仕事にできればやりがいを多く感じられる職種でもあります。

広報職

会社の知名度やブランド力をあげるために仕事を行います。

会社の活動や商品に対する宣伝活動や情報発信、取材対応などを担当します。

世の中の動きに広く目を向け、影響力のある情報を発信する力が求められる職種です。

クリエイティブ職

広告、雑誌、Webサイトなどのデザインや編集、企画を行う仕事です。

デザイナー、ディレクター、広告プランナー、編集など様々な分野に分かれています。

一つのチームで協力してスピーディーに商品を作り上げる力が求められる職種です。

なぜ職種選びが重要なのか

日本の就活はどこの企業に入るか、ということが重要視されがちですが、仕事をしていくうえで会社選びと同じように職種選びは重要であるといえます。

職種とは、「個人の仕事内容の分類」であると説明しました。

つまり、この職種選びに失敗すると、あなたはその仕事についている限りやりたくない、もしくは自分に向いていない仕事をし続けなければならないことになってしまいます。

職種を適当に選ぶとこんなことで後悔…
  • 仕事を苦痛に感じてしまう
  • どんな仕事をするのかわからないまま就職をしてしまった
  • せっかく決まった仕事をすぐに辞めてしまう

いくら大手で有名な会社に入れたとしても、そこでやる仕事が自分の適性に合っていないものだったら、きっとその仕事はあなたにとっての苦痛になってしまいます。

毎日行う仕事だからこそ、「どこに所属するかよりも、何をやりたいか」という意識で就活をして下さい。

入社後に

「こんなはずじゃなかった…こんな仕事をするとは思わなかった…」

ということがないよう、職種選びや職種研究に力を入れて取り組むことが就活を成功させる必勝法です。

職種の3つの選び方

ここまでで職種の種類とその重要性を知ることができたと思います。

ですが結局、「なにが得意なのか分からない」「自分が何をしたいのかがわからない」というところでつまずくと思います。

自分の好きなことやなってみたい理想像が分かっていたとしても、それを一生かけて行う仕事に結び付けて考えることはなかなか難しいですよね。

ここでは生涯において後悔しない職種の選び方を3つ挙げて紹介します。

後悔しない職種の選び方

①自分が「好き」だと思える職種を選ぶ
②自分が「なりたい自分」に近づくことができる職種を選ぶ
③一生続けていけると思える仕事を選ぶ

①自分が「好き」だと思える職種を選ぶ

ここ
ここ

①ができれば、
やりがいやモチベーションの高い仕事ができます

毎日行う仕事を自分の好きなことだと言えるのは、とても素敵なことですよね。

自分が好きだと思える職種は、その作業へのモチベーションを高めやすく、やりがいや成果につながりやすい職種であるといえます。

職種選びは企業選びとは違って自分が「やること」自体を決めるものなので自分の経験と結びつけて考えることができます。

例えば、自分が人と話したり関わったりすること好きなのであれば営業職、パソコンをいじることが好きだと感じるのであれば経理職が向いているかもしれません。

このように実際にその仕事をしたことがなくても自分の好きや楽しいを当てはめていけば自分が好きだと思える職種を選ぶことができるのです。

②自分が「なりたい自分」に近づくことができる職種を選ぶ

ここ
ここ

②ができれば、
自分の誇りに思える仕事ができます!   

これは自分がなりたい理想像を思い浮かべ、そのゴールに向かうために一番有効だと思える職種を選択するという方法です。

「自分は将来~のような人間になりたい、だからこの企業のこの職種を志望している」と具体的に述べることのできる学生は就活に対する考え方に一貫性があり、面接でも説得力のある話をすることが出来ます。

また、将来なりたい姿に近づいていると実感することが出来る職種は、その仕事に誇りを持って取り組むことが出来るためにモチベーションが上がりやすく長く続けることが出来る仕事であるといえるでしょう。

具体的になりたい自分ややりたい仕事が想像できない人は「多くの人から頼られる人」「たくさんの人に影響を与える人」など抽象的なイメージでも大丈夫です。

例えば「多くの人から頼られる人になりたい」という人は、以下のように抽象的なイメージを少しずつ掘り下げて職種につなげていくといいでしょう。

そのために人を支える仕事をしたい

社員が円滑に仕事をできるようにサポートをする事務職に就きたい

その職種を選んだことで自分はどう変化し、なりたい自分に近づくことができるのか、出来るだけ明確に説明できる職種を選ぶことが職種選びのコツです。

③一生続けていけると思える仕事を選ぶ

ここ
ここ

③ができれば
生涯成長し続けることのできる仕事ができます!

今の時代は終身雇用が難しくなっており、新卒で入った会社で生涯同じ仕事を続けることは少なくなってきています。

ですが、この仕事を生涯において続けることで成長していきたいと感じる仕事であればその分やりがいや成長意欲を持って根気強く働くことができるでしょう。

そのために重要なのは、自分に向いている職種を見極めることです。

いくら憧れがあったり自分の成長につながると感じる職種であったりしても、20年、30年後に苦痛に感じてしまう仕事であれば良い職選びが出来たとは言えません。

目先の自分のためではなく、20年、30年後の自分を想像して職種を選びましょう。

そのためには社会の動きなども視野に入れ、社会にとっても自分にとっても必要であると感じられる職種を探していくことも重要です。

まとめ

職種を知り、職種を選ぶ軸をしっかりと定めることで自分のやりたい仕事や入りたい会社が絞られてきます。

正しい知識を持って職種を選ぶことで昨日の自分よりも自信を持って就活を進めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました