>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

自己PRで悩んでいる人必見!高校時代のエピソードを自己PR使う方法!【例文あり】

自己PRで使うエピソードを選ぶのは難しいですよね…

自己PRに使える大学でのエピソードが無くて困っている就活生は、高校時代の部活のエピソードを使う人が多いです。

しかし、新卒採用なのに大学のエピソードじゃなくていいのかという不安もあると思います。

この記事では、高校時代のエピソードを自己PRで使っていいのか、どのように使うのがいいのかなど、自己PRに役立つ情報を紹介します。

自己PRで高校時代のエピソードは良くない?

大学でのエピソードがないのであれば、高校時代の経験を書くことに問題はありません。

しかし、高校時代の経験で自己PRを書くことには賛否両論あります。

賛成の理由

  • 学生時代のことを聞かれていて、高校時代も含まれるから
  • より強みが活きたエピソードの方が良いから

高校時代のエピソードを肯定している理由としては、上記のものが挙げられます。

アピールする強みを伝えられるものであれば、高校と大学のどちらでも構わないという考えがあります。

また、大学生活の経験を書く人が多く、高校時代に経験したことも聞きたいという人も多いようです。

反対の理由

  • 直近である大学生活で、何をしていたのかが見えないから
  • 向上心が見えないから
  • サブエピソードとして使うものだから

高校時代のエピソードが反対される理由としては、上記のものが挙げられます。

新卒採用の場合は、やはり直近の大学生活での経験を聞きたいという声が多いようです。

また、大学では強みを活かした経験が無かったのか、という疑問に繋がってしまう点が大きいです。

大学でのエピソードのサブエピソードとして、高校時代のエピソードを使う方が好ましいという意見が多くなっています。

 

高校時代のエピソードを書く際は注意が必要

高校時代のエピソードを使うことには賛否両論あるため、一概に書いてはいけないとは言えないが、リスクがあるのは確かです。

高校時代のエピソードがあっても、大学生活のエピソードを活用するのがベストになります。

高校時代の経験を具体例にする場合は、リスクや注意点に関して把握しておきましょう。

 

高校時代の経験を活かした自己PRの注意点

①大学受験のエピソードは評価されにくい

大学受験は多くの人が経験しているもので、主体的な行動ではないので、それをアピールしても評価されにくいです。

企業は自己PRの中で、経験や成果そのものではなく、その行動のきっかけやプロセスを重要視しています。

そのため、極力大学受験の話はせず、他のエピソードを考えるようにしましょう。

②高校時代だけの強みでは評価されない

高校でのエピソードを話すだけでは評価されにくいことが多いです。

過去に成功事例があるというエピソードだけでは、大学生活は何をしていたのかという疑問に繋がります。

強みを大学生活でも活かしたことを盛り込むようにしましょう。

③自信を無くさない

自信を無くさないことは最も重要なポイントです。

周囲の人は大学生活のエピソードを話す人やオリジナリティのある経験談を持つ人がいると思います。

また、高校時代のエピソードを使うことに不安に感じている人が多いと思います。

しかし、自分の伝えたいことに自信を持って伝えることが重要なので、自信を無くなさいことを念頭に置きましょう。

 

高校時代のエピソードを活かした自己PRのポイント

高校時代の経験を自己PRに活かす時には、以下の3点をより意識してください。

  • 「具体性」
  • 「継続性」
  • 「論理性」

この3点について、詳しく説明していきます。

注意

徹底的な自己分析を完了させないと、自分の強みに対して深堀りができず、面接で撃沈してしまいます。(自己分析は適当でいいや、という人は要注意)

「まだしっかり自己分析を進めていない」

という方は、まずは以下の記事読みましょう。

ポイント①具体性

高校時代のエピソードは、大学入学以前のことなので、エピソードの時期や数値のような要素が曖昧になって、矛盾を起こすことが多いです。

具体的な数値を伝えられるようなエピソードである方が、信憑性のある自己PRになります。

そのため、大学での経験よりも具体性を意識することが重要です。

自己PRを作る際に、具体的な内容をしっかり書き出すことで、より信憑性があり、伝わりやすい自己PRを作ることが出来ます。

ポイント②継続性

高校時代の経験や強みが、大学ではどのように変化したのか、どのように活用できたのかがあることが好ましいです。

高校時代の話だけでは、大学ではその強みが活かせていないとも考えられます。

大学でも継続していることを伝えるようにしましょう。

以下の3つは、強みを大学でも継続しているエピソードとして活用しやすいものです。

  • 勉強
  • アルバイト
  • 趣味

継続性を盛り込んで、強みの信頼性をより強固なものにしましょう。

ポイント③論理性

自己PRは特別なエピソードでなくても、いかに上手く説明できるかどうかも重要なポイントになります。

途中から話の軸がズレていることが多いので、一貫性があって、論理的な文章を目指しましょう。

自己PRは1人で作っていると、上手く伝えきれないことが多いので、第三者に添削してもらうのがおすすめです。

以下のリンクで詳しく記載しているので、参考にしてください。

 

高校時代のエピソードを活かした自己PRの例文

私の強みは、諦めずに継続して取り組むことが出来る努力家であることです。私は高校生の時に、テニス部に所属していました。私は未経験者だったので、経験者の多かった同期とは実力の差が大きくついていました。私は負けず嫌いな性格なので、自分のプレイを撮影して復習し、自主練習を欠かさずに続けました。その結果、私は3年生の時にインターハイに出場することが出来ました。大学生活ではこの強みを活かして、コツコツと毎日復習を続けたことで好成績を維持し、奨学金を貰うことが出来ました。私は貴社に入社しても日々努力を続け、貴社に貢献したいと考えております。

この例文では、高校時代に継続して努力したことを挙げていますが、大学生活で強みを活かした点についても言及しています。

また、インターハイ出場という具体的な成果のプロセスとして、どのように努力したのかを記載しているという点もポイントです。

注意点とこの例文を参考にして、高校時代のエピソードを使った自己PRを書いてみてください。

以下のサイトで自己PRの作り方を詳しく説明しているので、気になる方はご覧ください。

 

高校時代の経験を活かしたエピソードの例

高校時代のどんなエピソードが使えるのかについて、部活動に着目して説明していきます。

野球

高校の野球部は、甲子園という大きな目標があるのが特徴なので、目標を実現する力や粘り強さが活かされる部活だと思います。

また、声を出して試合の流れを変えようとする場面が多いと思うので、ムードメーカーとしてのエピソードも有効だと思います。

そのため、以下のようなエピソードが活用できるのではないかと思います。

  • 高校野球を目標にした諦めない粘り強さ
  • チームを盛り上げるムードメーカー
  • マネージャーとして人を支える力

関連記事:野球経験を自己PRする方法

 

サッカー

サッカーは11人行うスポーツなので、広いピッチでプレイ人数がとても多いのが特徴です。

その中で、相手チームや味方チームの動きを観察して行動することが重要なので以下のようなエピソードが有効だと思います。

  • 部員が多い中での積極的な行動力
  • プレイ中の洞察力や観察力
  • チームを率いるリーダーシップ

バスケ

バスケットボールはチームスポーツの中でも比較的プレイ人数が少ないスポーツであることが特徴です。

一人一人が自分の役割を自覚し、行動することが重要です。

そのため、以下のようなエピソードが有効になると思います。

  • 誰よりも1歩早く踏み出すことが出来る行動力
  • 状況に応じて柔軟な対応ができること
  • 観察力や洞察力

関連記事:バスケ経験を自己PRする方法

 

テニス

テニス部は、人気の部活であるために人数が多いのが特徴です。

そのため、多くの人数をまとめるための統率力は重要になります。

また、人数が多いことで1人あたりの練習時間が少ないので、自主練習も有効なエピソードになります。

  • 大人数をまとめるリーダーシップ
  • 練習方法に関する課題解決
  • 自主練習を欠かさない努力家

 

文化部

文化部は、美術部や書道部、演劇部のように、何かを作り上げる部活が多いことが特徴です。

そのような部活であれば、発想力が活かしやすいです。

また、文化祭などのイベントで活躍することが多いので、そのようなエピソードも有効でしょう。

  • 作品を作る際の独創力や発想力
  • 文化祭などでの企画
  • 部員が少ないという課題の解決

以上のようなエピソードの例を参考にして、自分の強みを活かせるエピソードを考えましょう。

以下のサイトで様々な自己PRの例文を紹介しているので、参考にしてみてください。

 

まとめ

自己PRで高校時代のエピソードを使う方法や注意点について紹介しました。

  • 大学でのエピソードを優先する
  • 大学受験のエピソードは避ける
  • 大学生活でも継続していることを書く

この3点が重要なポイントなので、しっかり抑えておきましょう。

まずは、自己分析をして、強みを把握することが重要です。

このサイトでは自己分析の方法について詳しく書いているので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました