「内定先がブラックだったかも…」内定先の評判が悪い時はどうする?不安な時にやるべき事と注意点を解説

自分が入社するかもしれない内定先の評判は、やはり気になるものですよね。

しかし、評判を確認する方法や、評判が悪かった時に何をすればいいのかわからず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、内定先の評判を確認する方法と注意点をご紹介します。

さらに、就活を再開する時の手順やアドバイスについてもご紹介しています。

読み終えると、自分の満足のいく結果のためにやるべきことが明確になるはずですよ。

内定先の評判を確認する方法

内定先の評判を確認するには、以下の3つの方法があります。

①先輩社員の口コミを見る
②就活生の口コミを見る
③説明会の頻度や新卒離職者数を見る

それでは、これらを見ることができるサイトの具体例も挙げながら解説します。

 

先輩社員の口コミを見る

先輩社員の口コミが見られるのは、主に以下の2つのサイトです。

現役社員や元社員の詳しい口コミを見ることができます。

項目別にかなり細かく書かれているので、会社のリアルな実態を知るには最適です。

 

就活生の口コミを見る

就活生の口コミが見られるのは、主に以下の2つのサイトです。

選考内容はもちろん、「どういう方に対応してもらったか?」、「どんな印象だったか?」なども、詳しく口コミが載っています。

私も就活をしていた際は、こまめにチェックをしていました。

新卒の就活に特化しているため、内定者の志望動機やESも見ることが可能です。

 

説明会の頻度や新卒離職者数を見る

選考会の頻度や新卒離職者数を見ることで、人の入れ替わりが激しい会社かどうかを推測できます。

説明会も新卒離職者数も多い会社は、なかなか人が集まらず定着もしにくい会社だということです。

そういった会社は、多くの場合、何らかの問題があります。

なので、説明会の頻度や新卒離職者数が多い会社には気をつけるようにしましょう。

 

内定先の評判を確認する時の注意点

内定先の評判を確認する時は、必ず事実だけを見るように注意する必要があります。

なぜなら、口コミの多くは悪い評判ばかりだからです。

悪い評判を書く人たちは、その会社に何らかの不平不満を持っています。

そのため、書く内容も自然と感情的になってしまっていることが多いです。

そういった口コミの感情に流されてしまうと、冷静に判断ができなくなります。

 

例えば、あなたが「好きなことなら時間も忘れてしまうほど苦にならない」という性格だった場合、好きなことができる会社なら残業がつらくないかもしれません。

しかし、口コミに「残業が多くて最悪」と書かれていたら、残業がつらくない可能性を考えないまま「最悪なんだ」と思ってしまう可能性があります。

なので、「平均残業時間は月30時間」といったような事実を見て判断するようにしましょう。

 

内定先のどこが不安なのか?を明確にする

就活を再び始める前に、まず「内定先の評判を見て、自分がどこに不安を感じたのか?」を明確にすることも重要です。

不安な点を明確にしないまま就活を再開すると、また同じような会社を選んでしまう可能性があります。

しっかり明確にしたうえで、確実に不安な点が解消される会社を選ぶようにしましょう。

もし「やりたい仕事ができなさそう」というような点が不安なら、入社後に解消できる可能性が高いです。

多くの場合、入社後すぐに裁量の大きな仕事を任されることはなく、何年か働いた後にやりたいことをできるようになります。

なので、不安な点が「生活できないほど給料が低い」、「残業時間が多すぎる」というような時のみ、就活を再開することをおすすめします。

 

内定を保持したまま、就活を再開する

就活を再開する時は、既に持っている内定は保持したままにしましょう。

なぜなら、内定を持っていることで気持ちに余裕ができるからです。

また、気持ちに余裕ができることで、次の会社を冷静に見極めることもできます。

入社までの短い期間で、再び1から就活を始めるのは、かなり焦るものです。

だからこそ、志望度は低くとも「絶対に入れる会社がある」という事実は、安心に繋がります。

 

内定辞退はいつまで可能なのか

内定辞退は、法律で入社2週間前まで可能だとされています。

内定辞退の期限について結論からいえば、4月1日が正式入社であればその2週間前までです。というのも、民法で「雇用契約は解約通知をしてから2週間で解約になる」と決められているからです。

引用:『内定辞退を許される法的な期限と最適なタイミング』

つまり、10月頃に開かれる内定式を過ぎた場合でも、内定辞退は可能だということです。

入社2週間前までは、内定を保持したまま就活をしていても問題ありません。

なので、より良い会社を見つけるために、諦めず就活を再開しましょう。

 

ブラックではない企業の内定を短期間で獲得するには

新卒を対象とした選考が締め切られつつある中で、短期間で内定を獲得するのは、1人では難しいです。

なので、以下の2つの就活サポートを活用しましょう。

  • 逆求人型サイト
  • 就活エージェント

それぞれを活用するメリットも併せて、ご紹介します。

 

逆求人型サイト

逆求人型サイトは、就活にかかる時間を大幅に短縮することができます。

自分のプロフィールを登録してオファーを待つだけなので、会社選びやESを書く手間が省けます。

さらに、会社側から、面接確約や一次選考免除などの特別オファーがもらえることもあります。

特におすすめなのは、高精度の自己分析ツールも無料で受験できるOfferBox<オファーボックス>です。

短期間で内定獲得を目指したい方は、ぜひ使ってみましょう。

\選考ステップを短縮!/
3分で登録完了/完全無料

 

就活エージェント

就活エージェントでは、自分の不安点を解消できる会社を紹介してもらえます。

紹介してもらえる会社は全てエージェント側で調査してくれているため、ブラック企業とも出会いません。

また、会社を見極めるアドバイスや、選考対策も受けられます。

一度は上手くいかなかった就活も、プロに頼れば安心です。

特におすすめなのは、手厚いサポートを受けることができるジョブスプリングです。

「次こそ就活を成功させたい」という方は、ぜひ使ってみましょう。

\プロの意見を取り入れよう!/
3分で登録完了/無料の就活相談

 

まとめ

内定先への不安を抱えたまま就職すると、すぐに自分の気持ちに限界が来てしまいます。

満足して入社し、しっかり活躍するためにも、納得のいく内定を獲得することは大切です。

なので、ここで紹介した方法を参考に、納得のいく内定を手に入れてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました