>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

面接での喋りすぎには注意?話しすぎないためのポイント!

面接でつい喋りすぎたという経験がある人がいるのではないでしょうか?

けいた
けいた

私も面接で喋りすぎてしまって、後悔した経験があります。

面接での就活生の印象は、話す内容だけではなく、話している時の態度や姿勢などによっても決まります。

そして、話す時間も同様に、面接官が評価する対象になります。

つまり、話す時間に関しても面接対策として講じておくことが重要だということです。

この記事では、話しすぎに対する評価や適切な発言時間、そして喋りすぎを解消するための練習方法について紹介します。

話しすぎるのは良くない?

面接で話しすぎてしまうことは、評価が悪くなってしまいます。

話しすぎて面接官からの印象を悪くしてしまう原因としては、以下の理由が挙げられます。

  • 要点がわからない
  • コミュニケーション能力が低いと考えられる
  • 会話が成り立っていない
  • 必死すぎる印象が強い

このような印象を受けると、いかに話す内容が良くても、評価は悪くなってしまうので、注意しましょう。

そのため、面接では、「自分が伝えたいこと」だけでなく、「面接官への伝わりやすさ」も考えることが重要です。

長く話してしまう理由とは?

話が長くなってしまうことには必ず原因があります。

原因を知ることで、しっかりと対策をしておきましょう。

話すことが上手くまとめられていない

一つは、要点が抑えられていないことで、上手く話せていないことです。

要点がまとめられていないと、思いついた言葉や文章を並べているだけの発言になり、話が長くなってしまいます。

そして、内容の薄い話を長く話すことになってしまい、どこに伝えたいことがあるのかが理解しにくくなります。

これでは面接官は、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が不足しているという印象を受けるでしょう。

面接官
面接官

伝えたいことが理解しづらい……コミュニケーション能力が低いのではないか?

この問題は、自分では話の内容を理解できていても、他人からは理解しにくいことも多くあるので、注意が必要です。

自分の伝えたいこと要点を挙げ、要点ごとに簡潔に話せるようにしておきましょう。

アピールしようという思いが強くて端的に話せない

自分も思いを伝えようとしすぎて、言葉が多くなって伝わりにくくなってしまうことも理由として挙げられます。

面接では、少しでも良く見せようと思って多くのことを伝えようとする人が多くいます。

たくさん話して多く伝えることは、決して熱量があることではありません。

喋りすぎても空回りして伝わらないこともありますし、最も伝えたいことが何なのかがわからなくなり、評価が悪くなってしまうこともあります。

私自身もまさに、アピールしようと必死になって話しすぎることがありました。

その際に、面接官から、「話す内容が多くて、いまいち話の主旨が伝わってこなかった」というフィードバックをもらった経験から、自分の話の長さに向き合いました。

アピールしたいという気持ちの強さが原因だと思われる人に重要なのは、「話す量」ではなく、「話の質」で熱量を示すことです。

伝えたいポイントを軸にして、話す内容をまとめることを意識しましょう。

緊張していて言葉が出てこない

緊張してしまうことも話が長くなることの理由の一つです。

緊張すると、黙りこんでしまうことに対する恐怖によって、話さないといけないという思いが強くなり、喋りすぎてしまうことがあります。

また、覚えていた内容を忘れてしまって、言葉が詰まったり、ふと思いついたことを話してしまったりすることで、話が長くなる時もあります。

緊張は誰でもすることですし、面接にとって緊張感は重要です。

しかし、程よい緊張感を持って、堂々と発言できることが理想だと思うので、緊張と上手く付き合っていくことが必要になります。

面接は回数を重ねて慣れることで、本来の自分のパフォーマンスが出来るようになるので、模擬面接や就活生仲間との面接練習で面接対策をするようにしてみましょう。

どのくらい話すのが良い?

話が長くなりやすい人は、面接でどのくらいの話せばいいのかを知ることが大切です。

面接での適切な発言時間は、個人面接かグループ面接かによって異なります。

個人面接の場合

個人面接では、2分程度が目安になります。

就活生が1人だけなので、話す時間が比較的長いです。

実際話してみると、2分は想像以上に長いと思います。

私がエントリーシートに書いた、約500文字の文章を読んでもおよそ1分半でした。

このことから、エントリーシートの内容だけでは足りない可能性もあるので、エントリーシートの内容にさらに肉付けをして、より伝わりやすいような内容を作っておきましょう。

あらかじめ準備をしておかないと、話が短すぎたり、その場で少し伸ばそうとして、あまり関係のないことを言ってしまったりします。

そのため、2分程度で話せるような内容を考えておくことが大切です。

しかし、自己紹介においては、「1分間で自己紹介してください。」という指示も多いので、必ずしもどの質問でも2分程度ではないということも覚えておきましょう。

グループ面接の場合

グループ面接は、個人面接よりも短く、発言時間は1分以内が目安です。

集団で行う面接は、他の人の回答時間も設けられているので、1人に与えられる時間は短くなります。

1分間で話すことが出来る文字数は、およそ300文字と言われているので、エントリーシートよりも短い文字数で話さなければいけないこともあるでしょう。

より簡潔に答えることが重要になるので、自分のアピールしたいことを端的に伝えられるようにまとめておきましょう。

  • 個人面接は、2分程度
  • グループ面接は、1分以内

それぞれの時間にも対応できるように、文章を考えておくことが重要です。

適切な時間で話すための練習

面接で話が長くなりすぎないようにするためには、練習が必要です。

話しすぎの原因を解消できるような練習方法を紹介します。

自分で録音、録画してみよう

自分で録音や録画をすることで、目標の時間内に話せるように改善しやすくなります。

人によって話すスピードや話し方が異なるため、話す時間と文字数は明確に対応していません。

そのため、自分が話しているところを録音、または録画することで、自分の話す時間を知ることができ、その結果から文字数を調整してくことで、話しすぎを防ぐことに繋がります。

この練習方法の注意点として、録画や録音をする際は、時間を見ながら話すのは絶対にやめてください。

時間を見ながら話すと、時間を意識してスピードを調整したり、話し方を変えたりするなどして、普段とは異なる話し方をしてしまいます。

本番の面接でも時間は見えないですし、普段の話し方で話すことが重要なので、時間は見ずに練習するようにしてください。

そして、この練習方法で改善できることは話す時間だけではありません。

話している内容を客観的に見ることが出来て、内容のブラッシュアップになったり、録画であれば話している様子を見て、姿勢や視線の改善にも繋がります。

録音、録画をすることで1人の時でも面接対策をして、他の就活生との差をつけていきましょう。

簡潔に伝える文章を作ろう

エントリーシートで書いた文章そのままではなく、より端的に伝えられるような文章に変えましょう。

話す内容の大枠を書き出し、それぞれで話したい内容や単語を書いてみてください。

具体的には、以下の例を参考にしてください。

質問:「自己PRをしてください。」

結論

  • 傾聴力
  • 相手が本当に求めていることを引き出す

具体例

  • テーマパークでのアルバイトの経験
  • お困りのお客様の言葉に熱心に耳を傾けた
  • お客様の不安の本質を見極めて解消した

入社してからどのように活かすのか

  • 営業職で活かしたい
  • お客様の真のニーズを引き出す

このような流れで、内容を決めすぎず、箇条書きにした項目について説明するようにすると、要点がまとまりやすく、簡潔な文章を考えやすいです。

また、エントリーシートに書いた文章は、文字数に捉われていて、あまり自分が普段使わないような言い回しや表現が多いです。

そのような文章をそのまま読もうとすると、面接でド忘れした時に沈黙してしまう可能性が高くなります。

そのため、自分が話しやすく、相手にも伝わりやすいような、簡潔な表現を用いた文章を考えることが重要です。

面接練習で慣れよう

緊張も話しすぎの原因なので、面接で慣れるために模擬面接をすることという練習方法もあります。

面接の練習をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 話すことに対する抵抗の低減
  • 話すスピードや話し方の固定化
  • フィードバックとブラッシュアップ

このようなことから、模擬面接をすることで話しすぎという欠点を様々な面から解決し、面接でのコミュニケーション能力の向上を図ることが出来ます。

模擬面接をするには、就活エージェントを利用するのがおすすめです。

キャリアチケットでは、就活のプロとマンツーマンでの面接対策を無料で行うことができ、面接での話しすぎはもちろん、面接をより乗り越えやすくするようなアドバイスを受けられます。

まとめ

今回は、面接での話しすぎ、喋りすぎについて紹介しました。

面接での発言時間の長さの重要性を改めて理解できたかと思います。

この記事でのポイントが以下の通りです。

  • 面接では、伝えたい点を端的に説明することを意識する
  • 個人面接とグループ面接では、発言時間の目安が違う
  • 録音や録画、模擬面接を活用して、面接対策を行う

これらの点を抑えて、面接で適切な時間で発言することで、面接官からコミュニケーション能力が不足していると悪い評価を受けることはないでしょう。

今回紹介した練習方法を参考にして、面接に適した発言時間で、堂々と話せるように練習してください。

タイトルとURLをコピーしました