就活上級者は皆使っている!?自己分析ツールを活用した超効率的な就活の進め方

はじめまして、元新卒エージェントとして年間50名以上の大学生を内定に導いたとみーです。

就職活動を進めていく上で避けては通れない自己分析。

しかし、自己分析が上手にできず、

「自分の強みや弱みが分からない…」
「自分のやりたいこと、得意なことが分からない…」

という人も多いのでは無いでしょうか。

そんなあなたの心の中のモヤモヤを取り除いてくれるのが自己分析ツールです。

この記事では、簡単かつ効率的に自己分析を進めることが出来る『自己分析ツール』のメリットデメリットや、おすすめのツールについて紹介していきます。

とみー
とみー

結論からお伝えすると、OfferBoxの適性診断AnalyzeU+が一番オススメです!

この記事を書いた人

とみーーー

法政大学を卒業後、数千人規模の某人材系ベンチャーに入社。そこで新卒のエージェンを担当し、年間50名以上の大学生を内定に導く。2018年からはグループ会社へ出向。就活生向けメディアの広告営業及び広告作成を担当し、現在に至る。

FOLLOW

自己分析ツールとは

自己分析ツールとは、システムを通じて自己分析をサポートするツールです。

活用することで、自分の強みや志望業界など、自己分析において把握するべき内容の診断を受けることができます。

完全無料のツールがほとんどで、WEBサイトやアプリなどにて活用することができます。

近年は活用する就活生が増えており、自己分析ツールを活用した自己分析はトレンドとなりつつあります。

とみー
とみー

今回紹介するOfferBoxの適性診断AnalyzeU+は、就活生の3分の1程度の方が利用していますよ!

 

自己分析ツールのメリット

  • 適職診断を受けることが出来る
  • 自分の強みを把握することが出来る
  • ツールの結果を基に企業からスカウトを受けることが出来る
  • 基本的に無料で活用することが出来る

自己分析ツールは自分に合った会社選びやES、面接など、就活全てにおいて役立つため、必ず活用してみましょう。

とみー
とみー

普通の自己分析とは異なり、客観的な意見を取り入れる事ができ、より深く自分を知ることが可能です!

過去に数百名の学生の就活サポートをしてきましたが、自己分析を完成度が高いものまで仕上げずに途中で投げ出してしまってきた方を多く見てきました。

またやり切ったとしても主観的な視点で、視野が狭い自己分析を行いがちです。

そうなると、自分の本来の適性が見えてこない上、いざ面接をしたときに面接官の深堀りに耐えられないことも…

自己分析ツールを活用して、正しく自己分析を進めましょう。

OfferBoxの適性診断『AnalyzeU+』で自己分析をしてみる

 

自己分析ツールのデメリット

  • 時間かかる
  • 自分の弱みを把握することが出来ない事が多い

時間がかかるというのが主なデメリットです。

ツールによりますが30分~2時間程度の時間を要します。

また、回答時のコンディションによって結果が異なるので「今の自分」を最適に把握するためには定期的に受けなおす事が必要となります。

そのため、一度まとまった時間を抑えて受験することをおすすめします。

 

おすすめ自己分析ツールについて

OfferBoxの適性診断AnalyzeU+

就活生に最もオススメの自己分析ツールはOfferBoxの適性診断AnalyzeU+です。

「AnalyzeU+」の設問数は251問となっており、自己分析ツールとしては圧倒的に多い設問数です。(他自己分析ツールは大体100問~200問程度)

そのため、多くの設問に回答することで細かな分析が可能となり、より正確なあなたの適性を明らかにしてくれます。

 

さらに回答を通じて蓄積されたデータを基に、企業から内定直結のスカウトを受けることも出来ます。

OfferBoxには大手からベンチャーまで約6700社が登録しているため、幅広い企業からオファーがきます!

どんな企業からスカウトが来るのかという点なども、今の自分の立ち位置を客観的に把握できる材料になると思います。

もちろん無料なので、使って損はありません。軽い気持ちで試してみましょう。

>>OfferBoxの適性診断『AnalyzeU+』で自己分析をしてみる

関連記事:【より正確に自己分析を!】厳選したオススメの無料自己分析ツール7選 | 各ツールの使い方も紹介

 

自己分析ツールとしてoffer boxを最大活用する方法

自己分析ツールの活用の仕方をご紹介します。

大きく分けて3つのフェーズにおいて活用の仕方が異なると思いますので以下、活用事例を参考にしてみてください。

自分に合う業界や職種選びに悩んでいる方・就活を始めて間もない方

就活を始めて間もない方は、まずは自分がどういった業界を受けるべきか、どういった職種が向いているのかを把握する事が非常に大事です。

自分に合った業界や職種を把握するための自己分析は、自分ひとりで考えると主観的になってしまい、正しい判断が出来ない場合があります。

そうならない為に、客観的な意見を把握することが大事です。

自己分析ツールには適職診断といった機能があるものもあり、客観的な意見を取り入れることができます。

1人1人に合った業界や職種のアドバイスを受けることができるので、おすすめです。

 

就活をこれから本格的に進める方

志望業界が定まり、面接練習等もバッチリな方は効率良く企業にエントリーすることがスタートとなります。

先程も説明したとおり、OfferBox<オファーボックス>では適性診断の結果を基に企業からスカウトを受けることができます。

このスカウト機能を活用して企業からのスカウトを受けて選考に進みましょう。

とみー
とみー

自分からエントリーするよりもスカウト型のほうが、特別選考ルートの案内などの利点があり選考を優位に進めることが出来ますよ!

 

アピールポイントに悩んでいる方

ESで何を書けばいいか分からず悩んでいる方や面接での回答に自信がない方は、自己分析ツールを活用して自分の強みを把握しましょう。

OfferBoxの適性診断AnalyzeU+を使うと下図のように総合的に自分の事を知ることができます。

とみー
とみー

偏差値で表示されるので、他の学生と相対的な強みも分かりますね!

あなたの強みが簡単に分かるので、すぐに自己PRが完成します。

サクッと自己PRを完成させちゃいましょう!

>>OfferBoxの適性診断『AnalyzeU+』で自己分析をしてみる

 

まとめ

自己分析を行う際は、1人で闇雲に取り組むのではなく、こうしたツールを活用して自己分析を行うことで質の高い自己分析を行えます。

OfferBoxのような便利な自己分析ツールを活用して、自己分析を効率良く進めましょう!

\就活生の3人に1人が使ってる!/
無料&簡単登録はこちら

関連記事:オファーボックス(OfferBox)の評判まとめ|利用者の口コミやメリットを紹介【企業からスカウトが来る!?】

タイトルとURLをコピーしました