グループディスカッションの言葉遣いは敬語?タメ口?|GDの口調を解説

就活生
就活生

グループディスカッションは敬語とタメ口、どっちで話すべき?

こんな疑問をもつ就活生は多いと思います。

この記事はそんな疑問を解消するため、GDの言葉遣いを解説します。

GDでの言葉遣いは大切な要素なので記事を読んで、実践してみましょう!

結論:敬語を使用しましょう

社会に出ると、年齢や立場に関係なく敬語を使うこととなります。

GDのような協調性を評価する場でタメ口を使う学生に対して、面接官は良い印象を持ちません。

そのため、GD中は敬語を使用するようにしましょう。

また、見知らぬ人同士で議論をするのですから、雰囲気はとても大事と言えます。

タメ口は緊張をほぐすかもしれませんが、逆にグループに緩い雰囲気をもたらす場合もあります。

敬語で雰囲気を引き締め、建設的な議論をしましょう。

 

敬語の種類について

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があります。

それぞれ簡単に解説すると、以下の通りです。

  • 尊敬語は相手を敬う表現
  • 謙譲語は自分をへりくだる表現
  • 丁寧語は「お」をつけたり語尾に「です」などをつける丁寧な表現

 

就活生
就活生

じゃあGDではどの敬語を使うの?

結論、丁寧語が使えていれば大丈夫です。

尊敬語、謙譲語は使えるとなお良いですが、少し難しい表現です。

そのため、無理に使って間違えたり、議論に集中できなくなるよりも、丁寧語で話すことをおすすめします。

 

GD中の言葉遣いの例

ここでは実際のGDで使う敬語の例を紹介します。

一人称の使い方

一人称は基本的に「私」を使うようにしましょう。

また、男性であれば「僕」という表現も大丈夫です。

「俺」「うち」「自分」などラフな表現は避けましょう。

一人称は普段の会話のまま、出やすい部分なので、就活中だけでも意識づけをしっかりとしましょう。

 

相手の呼び方

相手のことは年齢、男女関係なく、「さん」付けで呼ぶようにしましょう。

もちろん、「お前」や名前を呼び捨てすることはやめましょう。

また、就活生相手に「様」付けまではしなくて大丈夫です。

「さん」付けは、面接官に対しても使う場合があり、就活中には必須の呼び方です。

「さん」付けを習慣にして就活に挑みましょう。

 

同意するとき

相手の意見に同意するときは、

「私も〇〇さんの意見に賛成です。」
「私もそう思います。」

というように発言しましょう。

つい友達のようなノリで、「確かに」や「わかる」といった発言をしないようにしましょう。

丁寧語をしっかり使えていれば問題ありません。

 

質問するとき

質問をするときは、

「〇〇さんはどう思いますか?」
「〜といった発言の意図を詳しく教えてください。」

という具合に発言すると良いでしょう。

こちらも上の同意の時と同じように丁寧語が使えていれば大丈夫です。

 

GDでよく使うが、注意が必要な言葉遣い

いきなり敬語を使おうとすると、間違った敬語を使ってしまう場合があります。

よくある間違いを紹介するので注意してGDに望みましょう。

「さ」が間違って入った敬語

「行かさせていただく」
「見させていただく」

といった表現のことを指します。

謙譲語である「~させていただく」と動詞+「させていただく」という謙譲表現の区別がついてない誤用になります。

「行かせていただく」「見せていただく」と表現するのが正しい使い方です。

 

「よろしかったでしょうか」

この表現の正しい言い方は

「よろしいでしょうか」です。

アルバイト敬語と呼ばれ、間違えて使う大学生が多いです。

普段から使ってしまっている人は気をつけましょう。

その他友達感覚の表現

友達とおしゃべりをする時に使うような話し方をしないように気をつけましょう。

具体的には、以下のような語法です。

  • ちょっと → 少し、少々
  • すごい〜 → 大変、非常に
  • ~みたいな → ~のような
  • 全然大丈夫 → 問題ありません

GDで緊張が解けてくると、普段の言葉遣いがうっかり出てしまうこともあります。

しかし、そのちょっとした言葉遣いで面接官の評価を落とすことも。

GD中は友達言葉に気を付けましょう。

 

まとめ|GDは事前に練習を積んでおこう

GDにおける言葉遣いの重要性が分かったかと思います。

とはいえ、本番でいきなり敬語を使おうと思っても難しいですよね・・・

グループディスカッションは事前に練習を積んでおくことで、選考通過率が非常に高くなります。

(むしろ、実践練習をしておかないと他の学生よりも不利になることも…)

そのため、Meets Company(ミーツカンパニー)のようなGDの練習ができるイベントに積極的に参加してみましょう。

 

Meets Companyは企業と学生をマッチングする内定直結型の就活イベントです。

人事の評価によっては、1次選考パスなどのオファーが来ることも!

また、開催数と利用者数がナンバーワンのGDイベントでもあり、多くの学生が利用しています。

参加は無料なので、気軽に登録しておきましょう!

\早期内定ゲット!/
・利用者満足度は96%超
・30秒でエントリー可能

公式サイト:https://event.meetscompany.jp

タイトルとURLをコピーしました