>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

野球を通して学んだことをガクチカに活かす方法|野球部経験で就活を有利に!

就活生
就活生

野球部の経験をガクチカに利用したい!

でも野球の経験って役に立つ?どうやってガクチカを作るの…?

野球経験のある就活生は、このような思いを持っているのではないでしょうか。

野球経験のガクチカは、あなたの強みを伝える武器になります。

実際に私も、高校までの野球経験を面接で話して内定を頂きました。

野球でガクチカを作る方法を紹介しますので、野球経験のある就活生は是非この記事を参考にしてみてください。

野球経験をガクチカにするメリット

組織の中で得た成果を伝えられる

人事の方は組織で頑張った経験を、より評価する傾向にあります。

なぜなら、企業で仕事をする際は、チームとして働くことが多く、組織の中で活躍する能力が求められるからです。

野球はチームプレーが重要なスポーツなので、人事の方にもこの点が伝わりやすいです。

ひのまる
ひのまる

ガクチカを考える際は、個人的な努力より、チームとして取組んだ努力にフォーカスして伝えることをおすすめします。

 

エピソードを深堀りしやすい

野球部の活動では、目標や課題が明確になっている場合が多いと思います。

ガクチカでは、エピソードの厚みが非常に重要。

目標や課題が明確であれば、そこから課題や困難を乗り越えた経験、目標に対しての努力などを伝えることができるのです。

野球を頑張ったからこそエピソードに厚みがあるので、上手く言語化すると、ガクチカの質が上がります。

 

人事が活動をイメージしやすい

野球部の活動は、他のスポーツやアルバイト、ゼミに比べて、活動の様子がイメージしやすく、エピソードが伝えやすいです。

また、人事の方にも野球経験のある方は一定数いるので、面接の際、野球のガクチカを話すだけで、興味を持ってもらい、話が膨らむこともあります。

野球が国民的スポーツなため、信頼感が得られやすく、前提条件が共有しやすいのは、ガクチカを伝える上でメリットになります。

 

 

野球経験をガクチカにする際のポイント

結果や役職にこだわらない

実は人事は野球経験での結果や役職に対して評価をするわけではありません。

結果に対しての過程や、役職についてどのような取り組みをしたのかといった中身を掘り下げるようにしましょう。

その取り組みの内容にあなたの強みが表れ、企業で活躍できるかを判断するポイントになります。

野球経験があればエピソードの厚みはあるはずなので、結果にこだわらず中身で勝負しましょう。

 

伝えたい人物像とエピソードの内容を合わせる

野球経験で頑張ったエピソードは一つではないはず。

複数の頑張ったことの中から、より自分らしいエピソードを用意しましょう。

そのため、ガクチカには自己分析が必須です。

自己分析を正確かつ、効率的に進めたい場合は「自己分析ツール」を使ってみましょう。

自己分析ツールの結果と野球経験を照らし合わせることでより良いガクチカが完成します。

詳しくはガクチカをゼロから作る方法|就活のプロが徹底解説!で解説しています。

 

ガクチカの基本フレームワーク

このフレームワークを使うことにより、あなたの学生時代に取り組んだことや、あなたの強みが伝えやすくなります。

どの項目も重要な要素なため、自分の経験と照らしてみましょう。

詳しくはガクチカの書き方|フレームを使って簡単に完成させよう!【就活のプロが解説】で解説しています。

 

野球を通して学んだことをアピールする

ガクチカでは最後に、経験から得た学びを入れることで企業にアピールします。

また、そこで得た学びは自己PRにもつなげることができます。

ここではアピールの例を3つ紹介します。

目標達成力

野球の活動を通して、目標を達成したことのある方にはおすすめです。

目標を達成するための取り組みや、工夫、熱意などを加えるとより伝えやすくなります。

協調性

野球部の組織的な活動では、協調性がよりアピールできます。

特に、チームの対立を解消したり、団結することで良い結果を出した経験があれば、アピールすると良いでしょう。

礼儀

礼儀は基本的な内容ではありますが、野球部で学んだ礼儀は武器になります。

目上の人への対応や、相手を思いやるといった場面は、社会でも必ず訪れます。

野球部のような礼儀正しい人材は多くないので、他の就活生との差別化ができるはずです。

 

まとめ

野球への真摯な取り組みは、必ず人事の方も評価してくれるはずです。

とにかく内容を掘り下げて、あなたの経験を正確に、熱意をもって伝えてください!

しかし、面接ではガクチカに対する熱意は伝わりやすいですが、ESに書く際は、あなたの思いが正しく伝わらないことがあります。

文字数制限もあり、文字で伝えるのはかなり困難です。

考えたガクチカをESに落とし込んだ後は必ず、ESの添削をしてもらいましょう!

タイトルとURLをコピーしました