【就活】ガクチカや自己PRは複数のエピソードを用意しよう|面接対策

「ガクチカはいくつ用意すれば良い?」
「自己PRは1つで大丈夫?」

このような疑問を抱えている就活生の皆さん。

ガクチカや自己PRは1つのエピソードだけでは不充分です。

この記事では、ガクチカや自己PRが複数必要な理由や準備の方法を解説していきます。

ガクチカや自己PRのエピソードを複数準備すべき理由

面接やESで複数のエピソードを求められる

ESや面接を突破するために、複数のエピソードを用意しましょう。

なぜなら、面接官から複数のエピソードを聞かれたり、ESで複数のガクチカを求められることがあるからです。

 

私も「ガクチカと自己PR以外にはどんなことを頑張った?」と聞かれ、戸惑ったことがあります…

この経験からエピソードも複数持つほうが安心だと考え、常に3つはエピソードを用意しました。

それ以来、面接官に異なるエピソードを突然求められても、上手に受け答えできるようになりました。

どんな面接にも対策できるよう最低3つのエピソードを用意しましょう。

 

自己PRで強みの再現性を確認される

自己PRでは、

  • 「リーダーシップが強み」
  • 「論理的思考力が長所」

というように、あなたならではの強みをアピールしますよね。

面接では、あなたの強みに再現性があるのかを確認するため、

「その強みを他の活動で発揮したことはある?」

と聞いてくることがあります。

私はチャレンジ精神を強みとして話していたのですが、

「興味のない分野でも同じようにチャレンジした経験はある?」

面接でよく聞かれることがありました。

複数のエピソードに一貫性を持たせよう

ここでポイントなのが、全てのエピソードに一貫性があることです。

複数の経験を通して学んだことが志望動機に繋がると、納得感が非常に増します。

逆に一貫性がない就活生に対しては、「この子は軸がぶれている」と判断されてしまうことも…

その経験で学んだことや仕事で活かしたいことが各エピソードで一貫しているかチェックしましょう。

 

同じジャンルのエピソードでもOK

エピソードのジャンルが同じでも、それぞれ異なる経験と学びがあれば問題ありません。

人はどうしても興味のあることに注力してしまいます。

実際、私も国際的な活動ばかりしていました。

しかし、それぞれの経験に異なる学びがありました。

面接では同じジャンルのエピソードでも差別化して話すように意識することで、選考の通過率が上がったと思います。

 

関心の無いジャンルにも興味が持てることをアピールしよう

とはいえ、全て同じジャンルはあまりオススメしません。

なぜなら、興味関心のある分野以外で本当に活躍できるのか、面接官に伝わりづらいからです。

社会人になったら、あなたの興味がある仕事を絶対にできるとは限りません。

違う分野にも興味が持てることをアピールするといいでしょう。

内定後の面談で

「興味がない分野の仕事ができるかまでは測れなかった」

とフィードバックをもらいました。

幅広い活動の話ができるとより好印象になると思います。

 

全てのエピソードに対して深堀をしよう

エピソードを用意するだけでは不充分

エピソードを用意して「~という経験をしてきました」と言うだけでは、面接官に深堀りに対応しきれません。

面接官はあなたが経験に対してどう考え、行動してきたのかを知りたいのです。

そのため、結果に至るまでのプロセスを説明できるようにしましょう。

仮に、サークル長を務めて経験をアピールするとします。

ただ「会長としての業務をこなしていた」ではリーダーシップがあることは伝わりません。

サークルが辛い状況になった際に

  • どんな理由から行動を起こしたか
  • どのようにチームに貢献できたか

というところまで詰めると、面接官にあなたの強みが伝わるでしょう。

面接は成果や経験の自慢をする場ではなく、自分の強みをエピソードを通して面接官に理解してもらう場です。

しっかり、自分のエピソードの深堀りをしておきましょう。

先輩や友人を頼ってチェックしてもらおう

深堀りを終えた後は客観的にエピソードをチェックしてもらいましょう。

完ぺきなエピソードを一人で作り上げることは大変だと思います。

私はインターン先の先輩、大学の先輩、知り合いの社会人にガクチカと自己PRのアドバイスをもらいました。

特に就活を経験した先輩に聞くのがおすすめです。

複数人の方にフィードバックを貰えると、自己PRとガクチカの質もグッと上がりますよ!

 

まとめ

今回紹介したように、就活では深堀りした複数のエピソードを準備しておく必要があります。

本選考が始まると、説明会や面接で忙しく、エピソードを準備する時間なんてありません。

なるべく早い段階でエピソードの用意をしておきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました