>>【みんな使ってる!?】おすすめの就活サービス10選<<

将来どうなりたいかというビジョンを見つけるには?―自己分析のススメ―

就活生
就活生

自己分析をしているけど、将来のビジョンが分からない…

こう感じる学生の方も多いでは?

就活とは、自分の将来を決める一大イベントです。

つまり、将来どうなりたいかを考えないと、就活を始めることは出来ないということです。

今回は、『将来どうなりたいかというビジョン』を自己分析で見つける方法を紹介します。

就活で必要になるビジョンとは果たして何か?

日常でよく耳にする「ビジョン」という言葉。これは一体どのような意味なのでしょうか?

大辞泉でビジョンを調べると、「将来の構想。展望。また、将来を見通す力。洞察力」と書かれています。

つまりは、「ビジョン」とは、将来的に自分がどうなっていきたいのかというイメージだと定義できるでしょう。

 

では、何故就活でビジョンが必要になるのでしょうか?

何故なら就活は、目の前の就活というイベントをただその場しのぎで乗り越えるものではなく、将来の自分の人生の方向性をある程度規定する行為に他ならないからです。

就活が未来の自分と関わる以上、就活時にビジョンが必要になるのは当然だと言えます。

では、そんなビジョンを明確にしてくれる一つの方法として、自己分析を続いて簡単に紹介します。

自己分析はビジョンを明確にしてくれるツール

ビジョンを明確にするには、自己分析が必要になります。

しかし本記事はあくまでも、将来どうなりたいかというビジョンの方法の紹介に重点を置いています。

ですので、自己分析のやり方については、以下の関連記事を紹介しますので、そちらも是非チェックしてみてください!

関連記事:就活上級者は皆使っている!?自己分析ツールを活用した超効率的な就活の進め方

関連記事:「自己分析がしんどい…」つらい自己分析はもうやめよう!【悪いところしかないと悲観的にならない方法】

関連記事:自己分析のゴールとは?どこまでやればいいのかを解説!【〇〇できれば終わり?】

 

将来どうなりたいかを言語化するには?

では、将来どうなりたいかを明確に言語化する方法とは、何なのでしょうか?

結論から言うと、三つのポイントを抑えれば大丈夫です!

1.将来どうなりたいかを考える

就活生は、今後数十年も社会人生活を送ることになります。

そんな人生の大部分を占める社会人生活をやりたくない仕事で誰しも満たしたくないでしょう。

そこで大切になってくるのが、将来どうなりたいかを考えることが必須になってきます。

2.これまで自分はどんな風に意思決定してきたかを振り返る

二つ目のポイントは、これまでの自分を振り返ることです。

この”自分を振り返る”という行為に役立つのが自己分析です。

これまで自分の人生で自身で決断してきた、大学受験やバイトの選択、サークルの方針の意思決定等の経験を振り返りましょう。

そうすることで、自分がどんな考えや性格の持ち主なのかを理解出来ます。

3.ポイント1と2を合体させる

三つ目のポイントが恐らく重要だと個人的には思います。

というのも、一つ目のポイントだけで将来のビジョンを決めてしまうと、今の自分とはかけ離れた、決定をしてしまいます。

というのも、将来どうなりたいかは、あくまでも現時点での理想であり、現実をしっかりと考慮したものとは言い難いことも多いからです。

そこで、二つ目のポイントを組み込むことで、過去の自分像と将来のなりたい自分との間でバランスが取れます。

物事にはバランスが必要です。ポイント3を特に大切にしましょう!!

まとめ

何度も繰り返しにはなりますが、将来どうなりたいのかというビジョンを持つことは就活を進めるうえで、とても重要です。

将来どうなりたいかを探すためには、自己分析が重要になってきます。

しかし、一人で自己分析を行うことは、自分の欠点から目を逸らし、独善的になる傾向にあります。

そこで大切になってくるのが、第三者の目です。特に、赤の他人からの視点も必要になるでしょう。

全くの赤の他人の第三者の手を借りる自己分析でオススメなのが、就活エージェントです。

完全無料で、リスクなしに始めることが出来ます!

加えて、自己分析の手助けだけでなく、面接対策やESの添削もしてくれる、有用なサービスです。

この手段を活用しない手はありません!!

しっかりと、使えるサービスを使い、有利に就活を始めたいですね!!

関連記事:就活エージェントのメリット/デメリット【元新卒エージェントが暴露します】

タイトルとURLをコピーしました